人気ブログランキング |

『誰かが音をたてないようにしているような音』

ってアーヴィングの小説に出てきた絵本のタイトルですが。
いいっすねー。
悔しいほどカッコいいタイトル。

矢さんはご存知かと思いますが、わし子ども時代は超恐がりで
夜中に目が覚めた時(これがまたしょっちゅう覚めた)、
掛け布団がカサリと音をたてるのが恐くて、寝返りもうてなかった。
トイレに行きたい時は、そろーっと慎重にベッドから降りて
抜き足差し足で床が軋まないように(これがまたよく軋んだ)歩いたものでした。
いったい何に対して音をたてるのを恐れていたのか。
多分、誰かがどこかで見てると思ってたんでしょうね〜。
なので、”夜中に誰かが音をたてないようにしているような音”
という表現は、ものすごくリアルに感じた。





今や音をたてるのが大好きな大人になってしまったわし。
先日、同じく音をたてるのが大好きな騒がしい女ども=フラメンコ仲間の
飲み会に行ってきました。
わしのテーブルでは「どうやったらキレイな姿勢に見えるか」話で
盛り上がってたんだけど、
そういう時、必ず出てくるのが「お尻をキュッと締める」という表現。
試してはみても、なかなか持続できないね〜とか言ってたら、誰かが
「お尻に1万円挟んで落ちないようにするつもりで」
なんて言い出して。
それってなんか衛生的に嫌かもーーーとか考えてたら、ふと思い出したのだ、
『コール』(シャーリーズ・セロン主演)という映画。

セロン扮するママが、誘拐された娘(ダコタ・ファニング)を自力で救うため、
犯人(ケビン・ベーコン)に色仕掛けで迫るという場面があるんですよ。
セクシーな下着姿でベーコンに近づくセロン、
なんとお尻にはメスが挟んであるの!
手ぶらのフリして近づいて、至近距離でグサッという寸法。
お色気とスリルとオモシロが交じった素晴らしいシーンだったよなぁ・・・
そこで。

「お尻にメスが挟まったような踊り方」

ってどうでしょうか。
セクシーかつシャープじゃあ〜りませんか!
落としたら怪我しそうだし、必死ですよ。
ヒップアップに効果絶大だと思うね。


by aundo2005 | 2006-02-24 17:14 | Flamenco