ダ・ヴィンチ・コード改め

やっと読み終わりました、ダ・ヴィンチ・コード。
電車の中で単行本を読むのは重かった。
映画化にそなえて読んどいた方がいいよ!と万さんがすすめるので、
ずっとキャスティングを想像しながら読みました。
シラス役がポール・ペタジーニとは、こりゃ予想外!
公開が楽しみです。



で、日本版ダ・ヴィンチ・コードを作るとどうなるか?と考えてみた。
日本のダ・ヴィンチってだれだろう。
『魯山人の暗号』? 『熊楠法典』?

それでは配役を発表いたします!ババーン。

ソフィー・ヌヴー .......... 深津絵里
ロバート・ラングドン....... 20年前の石坂浩二
ジャック・ソニエール...... のっぽさん
ベズ・ファーシュ........... 佐藤慶
ジェローム・コレ........... 田中要次
リー・ティービング......... 荒俣宏
レミー・ルガリュデ......... 岸辺一徳
シラス........................ 阿部寛

どうだ。なかなかのもの?ただ、アリンガローサ司教だけが、
どうしても思いつかない。だれがいいかな。


[PR]
Commented by aundo at 2006-02-09 00:50 x
アリンガロ-サ司教は高木ブ-でどう?

Commented by aundo2005 at 2006-02-09 12:22
わはは、田中要次さん必須ですか!深津さんナイス。ラングドンは長塚京三さん希望。
他のキャストは・・・もう原作忘れかけてるのでわからん。

謎の多い絵師といえばやっぱり写楽じゃない?
いや、tabooを扱うならもちっと遡って南北朝・・・世阿弥なんてどうでしょう!

ところで、市川崑×石坂浩二で『犬神家の一族』がリメイクされるそうで。
ゆうべdoyoubiさんと勝手にキャスティングしてたの。

珠世:麻生久美子
猿蔵:松田龍平

までは決まりました。うーん、楽しみ(でもないか)。30年前のを見直したくなりました。

Commented by aundo2005 at 2006-02-09 21:59
『犬神家』は積んどく本箱に置きっぱなしなので、
さっそく読むことにします。
麻生さんは、有頂天ホテルがワシ的にあまりよくなかったので、
ちょっと期待薄かも。知世ちゃんは?彼女は京極堂の人か。

Commented by aundo at 2006-02-10 21:56 x
話題を買えて申し訳ないが積んどく本箱、ありますねうちにも。
箱じゃなくて籠だけど。 時々下のほうを覗くと「なんじゃこの本?」
というのにぶち当たる。 当時のノリで買った奴ら。 ちなみに
ほんのまとめ買いをするのってドイツ人と日本人に多いらしい
けどほんと?

by aundo2005 | 2006-02-08 22:12 | Movie | Comments(4)