暑苦しいチロ

c0018037_2231186.jpg

小さすぎる箱に上半身だけ
無理やり入るチロ。
連日の酷暑でのびています。


[PR]
by aundo2005 | 2012-07-29 22:08 | Pet | Comments(1)

凛々しいMacchia

また動物ブログに逆戻りか・・・。
c0018037_20201190.jpg





[PR]
by aundo2005 | 2012-07-27 20:20 | Pet | Comments(0)

最近の製作記録

c0018037_20161264.jpg

製作ったってラーメンですけどね。 最近、田舎のス-パ-でも日清のインスタントラ-メンが入手可能になったのだ。
c0018037_20185059.jpg

普通のサラダとスプリングオニオンのグリル。 このねぎ焼きは塩とオリ-ブオイルで食すのだが、ワインがすすむくんです!
c0018037_20195319.jpg

ライスサラダ。 イタリア夏の料理の定番。 久さんにおかれましては、何の興味もないかも、だけど、か-なり好きです。 毎日でも良い。
c0018037_20204812.jpg

ズッキ-二のグリルとモッツァレラのスモ-ク。 ご覧のとおりの量なので(つくりすぎ!)2回に分けて食べました。


以上、春夏コレクションでした。


[PR]
by aundo2005 | 2012-07-18 20:24 | Food | Comments(0)

Ciliegia Durone

c0018037_1181830.jpg

サクランボの季節は6月頭に始まって、7月頭には終わってしまう短いものなので、この期間にサクランボ好きのワシはせっせと食べだめをします。 イタリアには味や色の違う数種のサクランボがありますが、この真っ黒なDURONEが何と言ってもおいしいと思います。 農業国のイタリアでも流石に季節が短いものは高い! 500gで500円くらいかな。 桃やすももだったら1kgで100円くらいなのと比較していただければ高さがわかると思います。ああ、それにしても、このDURONEは味が濃くて、大きくて、一パック一日で簡単に完食可能! 蛙芸堂の皆様にもぜひともこの季節に来ていただきたいものです。


[PR]
by aundo2005 | 2012-07-13 01:18 | Food | Comments(2)

日食といえば、これ。

あ、なんかいいタイミングなので
お宝画像を載せよう。

先月、出張のついでにデイリーポータルZの
「公開オフィス」を見学してきまして。

あの日食グラス!が展示してあったので思わず…

c0018037_20115684.jpg



うれしがってしまったのでありました。
矢さんには、何のことやらさっぱり…だろうと思いますが。

(髪がボサボサなのは、朝5時起きだったからです。)


[PR]
by aundo2005 | 2012-07-10 20:16 | Life | Comments(3)

金環日食ツアー

今さらですが、一か月以上も前の日食ツアーの写真をアップします。

『さんふらわぁ・きりしま』の大阪南港~鹿児島志布志港の航路中に、金環日食を見てやろうというツアーでしたが、みごと雨にやられて何も見られませんでした。

c0018037_2264734.jpg出発前からどんよりしています。ツアー自体は100人以上の大所帯でしたが、いったい誰が雨男(女)なのだ?


c0018037_2293555.jpg乗船して間もなく、夕食。バイキングはいつも食べ過ぎてしまうものです。


c0018037_22112469.jpg翌朝、早くから起きて待ち構えていましたが、このとおりカッパが必要なほどの雨降り。おとなしく関西地方に居れば少しは日食を見れたのにね。


c0018037_22134980.jpg志布志港に着き、気をとりなおして桜島観光へ。小雨。前日に噴火があったらしく、売店の白ネコが灰かぶり色になっていました。


c0018037_2216396.jpg続いて、内之浦のJAXA見学へ。はやぶさのふるさとも、雨にぬれそぼっていました。


c0018037_22181966.jpgふたたび志布志港に戻り、大阪へと帰路に就きます。天候は大荒れで、太平洋航路をあきらめ瀬戸内航路を行くとのアナウンス。それにしても瀬戸内に入るまでの船の揺れ方がすさまじかった。この写真を撮ったときはまだマシでしたが、しばらくして大惨事に至るとはこのとき想像だにしていなかった…。ビール缶は床に転がる、汁ものはこぼれる、野菜は走る、のオソロシオモシロ体験でした。このあと数時間、船内には青い顔でうずくまる人が続出。ワシは一人で焼酎を飲んでいたけどな。


c0018037_22263254.jpg翌朝、瀬戸内海。きのうの嵐がうそのようです。


しかし、どんなに荒天であろうとも、船の旅はたのしい!のんびりできてうれしい!
豪華客船ではなく、あくまでも庶民のフェリー。
ということで、テツ子ならぬ「船好き女」というジャンルはあるのだろうか。
もしまだ無いなら、ワシが創始者として名乗りをあげるゾ!ネーミングは何がいいだろう(わくわく):

*船ガール
*ふね子さん
*フェリー女子(フェリス女学院じゃないよ)
*フネ女(ふねじょ)

どうぶつブログのイメージを払拭できましたでしょうか。


[PR]
by aundo2005 | 2012-07-02 22:45 | Travel | Comments(3)