<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Sicilia -おまけ

c0018037_0381136.jpg

万さんへのおまけ。
市役所のシャンデリア、綺麗だった~。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-27 20:12 | Travel | Comments(3)

Sicilia - 3

結婚式当日となりました。
夏休みとくっつけて長いハネム-ンを楽しむため、この時期の
結婚式が多いわけですが、いかんせんSiciliaは尋常でなく暑い!
てなわけで市役所前に涼しくなった夕方18:00に集合。
18:30からの式に臨みました。

c0018037_2583175.jpg
c0018037_2584431.jpg

カトリックの国ですが最近の若者は教会での式を嫌って市役所で
簡単に済ませる人も多いよう。 今回の新郎新婦も市役所を選びました。
式に要した時間は30分というところか・・。 市長の挨拶、指輪交換、サイン、
以上と、ごくシンプルです。
わしは新郎のおばあちゃんの後について詩を朗読する予定だったので
こんなに前で写真をとることができたのだが、詩自体はおばあちゃんが
緊張してわしの分まで読んでしまったので幸運にもお役ごめんとなり
ゆっくり、じっくり観察することができました。

c0018037_2593625.jpg

その後、披露宴会場へ移動するわけですが、今回は同僚
(新郎のほう)の家で100人以上を呼んで行われるとのことで
「どんだけでかい家やねん」と興味深々で参加いたしました。 
案の定宍戸譲、甲子園球場の一回り小さいくらいの恐ろしく巨大な家に
ブッフェ、バルコニ-での生演奏などの準備が整っており
「Willyっておぼっちゃまだったのねえ」
と感心しきり。 ひとまずお腹がくちくなったと思ったら
「それでは皆さん披露宴の会場に移動ください」とのアナウンス。
「えっブッフェだけちゃうん?」 ほほほ、違いました。

c0018037_304174.jpg

写真ではわかりづらいと思いますが・・・。
50mプ-ルを白いテ-ブルクロスをかけ、バラとキャンドルが満載の
長テ-ブルがぐるりと囲み名前のあるところにそれぞれ座るように
なっている。
特設のステ-ジからさっきまでバルコニーにいた生バンドの
演奏がある。 ブッフェは実は前菜で、席についてからパスタ2皿、
セコンド1皿とダイエット中の少々だが小さくなった胃にはすべてを
詰め込むことは不可能でした・・・。
食事中は例のバンドが演奏を続け、いとこが飛び入り参加し、新郎新婦が
歌って踊る等々余興にも暇がありません。

余興もすんだころまたもや「デザ-ト会場に移動ください」とのアナウンスが・・・。
先ほどの前菜会場がデザ-ト会場に早変わりしており、
Sicilia名物の各種デザ-ト(シチリアはリコッタチ-ズを使った特殊な
デザ-トで有名)、イタリア他地域のデザ-ト、デザ-トワイン、
シャンパン、さらにはジェラ-トとグラニ-タのトラックがおもむろに
庭に進入してきて人だかりとなる・・・と聞いてはいたもののはるかに
想像を超える派手さなのでありました。
c0018037_314856.jpg


ホテルに帰ったのは夜中の3時。 
今後披露宴に呼ばれることがあるとも思えないが、長い、長いイタリアの
披露宴はもう2度とごめんです。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-27 03:01 | Travel | Comments(2)

Sicilia - 2

「Siciliaの電車なんかいつ出発するか分からないし、
いざ出発したとしてもいつ着くかわからんで。 悪いこと言わんから
バスで行き」
「Ragusaの駅ってもう大分前から閉まってたと思うけどなあ」
という大方の意見を無視し、乗ってきましたイタリア国鉄シチリア線。

700m近くまで電車を持ち上げるのにワシらの好きなループ線が
採用されており、これが楽しみの一つだったのじゃよ。
時間がたっぷりあるので上記のご意見は無視したものの、ホテルは
意味も無く早めにCheck Out。 7時半に駅についてみれば
もう入線しとるではないか。 ちゅうかRagusaが始発だったのね・・・。
駅員にネット予約の確認書を見せ、早速乗り込み、
「あ、写真、写真」ということで撮ってみました。

c0018037_4383985.jpg
c0018037_4395169.jpg

巷の予想ははずれ、8時に定時出発。
残念ながら、ループが終わるまで線路の両脇が高い岩壁となっており、
トンネルもあったりなんかして、全くループを確認することができません
でした、残念! (ネットで見てから予想はしてたんだけどね)
それでもこの2両編成の電車に乗ることができて大満足です。

そうして、またもや予想がはずれ遅れも無く、9時50分に目出度くSiracusa駅に
着いたのでありました。
Siracusa駅は大きなターミナル駅で、行き先の掲示板にはなんと!
「Milano Centrale」の大文字が!! が~ん、電車で来れるやんか!
本土までの海峡は電車ごと船に乗るのかなあ、ドーバーみたいに一旦降りるんかなあ
次回は絶対電車で来るぞおと掲示板を見ただけで予想を膨らまし、
どきどきする初心者鉄子でありました。
ちなみにVenezia行きなんてのもあって、ああ、すばらしき哉鉄路の旅と
駅構内でわからぬ人には無駄とも思われる時間を過ごす鉄子でもありました。



 
[PR]
by aundo2005 | 2011-07-26 04:40 | Travel | Comments(0)

Sicilia - 1

c0018037_20352981.jpg


いって来ました。 
Sicilia、よかところです。
お知らせしていたとおり、同僚の結婚式に出席するための
短い旅でしたが、自分は水曜日から堂々と休んでいるくせに
わしの休暇には眉をひそめる上司に金曜日の有休をやっと
もらって、木曜深夜にCatania空港着。
タクシ-で一路、内陸の町Ragusaへ。
別に取り立てて来たい町というわけではなかったのだが
いわゆる有名どころのTaorminaその他はバリバリのリゾート地により
45歳独身OL一人旅には少々痛く、海の見えない町にしたのでありました。
しかしながら来て見ると、果たして丘の上のとってもこじんまりとした
町なのでありました。 標高700mとのことなので甲山の上に町が
張り付いている感じか・・・。小さいので歩いてすぐに一回りできるし、Duomoの前には
かわいいCafeやトラットリア、みやげ物屋が集まっており、休日の
昼をゆっくりするにはもってこい。

c0018037_20363095.jpg

初Granita。 甘さ強めのレモン味だが暑いSiciliaにはちょうど良し。
今回毎食後食べました。 Siciliaでは朝ごはんにCaffe味のGranitaに
ブリオッシュをつけて食べるとか。 やってる人は見なかったけど
コーヒーが熱いか氷状かの違いだけなのでわからんでもなし。

c0018037_3545747.jpg

隣に座った地元のおばちゃんに「絶対食べるのよ、フォカッチャ」と
強く推奨され「なんでSiciliaでLiguria名物のフォカッチャ食べなあかんねん」
と思うも頼んでみたらまったく別物で、なんとラザ-ニャがパイ生地に
包まれている重~い代物でした。 まあ、まずくはないけどおいしくもない。
何でこんなもの作ったのかよくわかりません。 

さらに久さんへの朗報として、Siciliaは飲み物が日本の居酒屋並みに即効で
出てくる! しかもパスタぬる目が普通の北イタリアに対して熱々です!
それを忘れて何度も口内を火傷したぞなもし。

c0018037_3555713.jpg

夕食は念願のSicilia名物「Pasta Norma」。揚げナスをトマトソ-スと和えて
最後にリコッタチ-ズを削ったのをかける。
虫のようだがパスタです。 これはうまい! 揚げナスがなんともええ感じです。
(食べかけの写真で相すみません)

以上Ragusa編。
次回は欧州鉄子Ragusa-Siracusa編です。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-25 20:36 | Travel | Comments(0)

ベソ・ジョソソソ

タイ・チェンマイの、ショッピングセンター内にあるエステサロン(のような場所)の看板です。

c0018037_2182539.jpgこの写真を撮っていたら、中にいるエステシャンらしいおねえさん達が「なんだ?」という顔で見るので逃げるようにして立ち去りました。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-18 21:14 | Words | Comments(0)

焼きカレーのすすめ

アルバイト帰りに「あぜ道のダンディ」を見る。

映画が始まるまで、ロビーで映画のチラシをぼんやり眺めるていると、イタリア映画の「あしたのパスタはアルデンテ」が目につく。(ヘンな邦題だにゃ。)パスタか、いいな。今度、矢さんが帰国したら作ってもらおう。などと考えているうちにお腹がくぅくぅ鳴り出した。仕事帰りのワシはお腹が減っておる。そうだ、今夜はパスタにしよう。家に帰ったら真っ先にパスタをゆでよう、と思う。

「あぜ道のダンディ」では、光石研と田口トモロヲが居酒屋で飲むシーンが何度か出てくる。セットだろうけれどなかなかワシ好みのシブい店に仕上がっているではないか。あぁ、枝豆でビールをくいっといきてぇ。つくね、唐揚げ、ポテトサラダ…!映画の間じゅう、ビールとおつまみのことばかり考え、唾を飲みこむ。

映画館を出て、まっしぐらに居酒屋へ直行…といきたいところだが、ワシには無理だ。すぐにでもビールを飲みたし、されど一人ではお酒のある店に入れないワシ。(一人で飲み屋に入れるか、というテーマについてはまた別の機会に。いつかブログに書こうと思っております。)ビール、ビール、とつぶやきつつ電車に乗りこみ我が家へと向かう。

電車の中で、椎名誠の新しい文庫を読む。最近はカレーうどんばかり作って食べている、というくだりを読んだとたん、胃がモーレツにカレーを欲し出す。恐るべし、スパイスの訴求力よ!パスタや枝豆ははるか彼方へ飛び去り、今やカレーうどんの虜になってしまったワシ。(ただし、ビールへの欲求はなぜか飛び去らない。暑いからね。)ハラ減り度はマックスに達し、カレーうどんへの受け入れ態勢は万全となった。家に着いたら、カレーうどんを作ろう!

かれー、うどん、びーる、かれー、びーる、かれー、うどん…とひと足ごとに呪文を唱えつつ駅から家へ早歩き。(クッソー暑い。ビール飲みてぇ。)カレーはボンカレー系レトルトが常備してあるし、冷凍うどんも切らしたことがなかったはず。と、帰宅してすぐさま冷凍庫を見たところ。…う、う、うどんが無いのであった…。

期待していたものが手に入らないときの失望感に身体中をぶるぶるふるえさせつつ、とりあえず空き腹を満たすため豆腐やチーズや生野菜などをあつらえ缶ビールをぷっはー!と2本ほど飲み干したら、お腹は落ち着いてきてしまった。さて、これからどうするか。

いったんカレーを欲してしまったからには、カレーへの礼儀を尽くさねばならない。カレーメニューを食べるのだ。うどんは無いが、炊飯器の底に古くなりかけのゴハンがちょっぴり悲しげに貼り付いている。ここで思いついたのが、門司港名物「焼きカレー」だ!ワシって天才。耐熱皿にゴハンを盛り、その上にレトルトカレーを雑な感じでぬりたくる。ゴハンすくなめ、カレー多めが良かです。その上にピザ用チーズをぶちまけ、何なら真ん中にくぼみを作って生たまごを落としてしまう。あとは、コショーやパセリや唐辛子をわさわさとふりかけ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼きつくしてやる。

うまーい!!とてもウマい。空き腹にも、ちょっと飲み過ぎたあとのお腹にも、おすすめですタイ。矢さん、今度の帰国時にもし時間の余裕があれば、ぜひ門司港に行って本場の焼きカレーを味わってみてください。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-14 23:24 | Food | Comments(3)

今日の虹

すーちんさんもTwitterでつぶやいておられましたが、夕方のかえりみちに、大きな大きな虹がかかっておりました。

c0018037_21524843.jpg




海に向かって、こちらが左はし。つまり、東の端です。
c0018037_21534381.jpg




こっちが右、つまり西の端。







虹に気づかず帰路を急ぐ人や、携帯電話でしゃべっている人に、「見て見て、虹ですよ!」と言いたい衝動に駆られました。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-12 22:02 | Life | Comments(2)

中国のどこかの空港で撮った写真です。ピントがいまいちですみません。

c0018037_22564051.jpg

c0018037_22572750.jpg










訳した人が何語ネイティブなのか、知りたくてたまらない。中国語ネイティブなら、原語からそれなりの日本語訳を出せるはず。英語の知識があれば、"Hand-made"の訳出は難しくないはず。加えて日本語に堪能なら、なまこの手でラーメンは作れないことは分かるはず。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-07 23:05 | Words | Comments(2)

Cuccioli 2

第2弾

c0018037_20173866.jpg

c0018037_2018352.jpg

c0018037_20181898.jpg

c0018037_20183466.jpg




[PR]
by aundo2005 | 2011-07-04 20:18 | Pet | Comments(2)