豆の季節ですね(2)

c0018037_214328.jpg

左から、小さいソラマメ、小さい箸置き、大きいソラマメ、大きい箸置き、です。
なんかワシ、去年も同じような投稿したかも?


[PR]
by aundo2005 | 2011-05-23 21:04 | Travel | Comments(0)

久さんは間違いなくこれ

大山さんのサイトから、また面白そうなお友達を発見しました。

「呑み鉄」というカテゴリーがあったのですね。
この写真、久さんがヨーロッパからしつこく投稿していたのと一緒なので笑ってしまった。

他にもいろいろ面白い記事あり。


[PR]
by aundo2005 | 2011-05-22 13:38 | Travel | Comments(3)

在庫を管理する

2月に矢さんの家で飲みながら話した中で、「在庫が無くなることに対する恐怖」の話題があったかと思う。改めて自分がこの恐怖症にかかっていることを実感している今日このごろ。たとえば、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、歯ブラシ、洗剤、電池などの日用品。塩、小麦粉、しょうゆ、油などの調味料。
これらのものを切らさないように常にストック管理をしている自分が居る。もうすぐ切れるかもしれない、と思うとストレスになってしょうがない。そうなる前に、買い置きして在庫を保つことで安心感を得ているのである。万さん曰く、「スーパーもコンビニもあるんだから、無くなってから買いに行ったって十分じゃない?」と。でも、それじゃダメなの。常に、備えがあること。しかも買い過ぎるのではなく、あくまで適量を。こういうことで日々の満足感を得ている自分が、つくづく貧乏くさいね。

特に、ワシの生活上で切らしてはならないもの、それはご存知、ゴマとわさびである。帰宅途中に「あ。ゴマの残量が…」と思い出したが最後、不安でしょうがない。その日の晩ごはんにたとえゴマを全く使わなかったとしても、とりあえず買って帰らないと気が済まなくなってしまう。

ここで話を多少強引に持って行くと、この症状は、カバンの中に入れて持ち歩いている本についても同じでありますね。「あれ、この本もうすぐ読み終わっちゃうじゃん。でも次の本を持ってきてないよ」。電車の中でこう気づいてしまうと、とたんに不安に陥ってしまう。現在のワシはあまり長時間電車に乗ることがない生活だけど、以前はけっこう遠くまで通勤していたので、電車の中で本を読む時間が長かったわけで、途中で本を読み終わってしまったときの手持無沙汰感といったら、ない。「くーっ、なぜゆうべ、カバンの中に新しい本を一冊放り込まなかったんだっ!しょうがない、残りのページをなるべくゆっくり読もかな。解説なんかも一語一語、味わいつくして読んでみるか。しかしそんなに大した解説でもないなぁ、っていうか、なんだこれ解説の大部分が本編のどこかしらのコピペみたいなもんじゃないかっ!キーッ!」…とよけいストレスになっていたりする。

いつかワシでさえも電子書籍を持つ時代になったら、こういう葛藤も無くなるのでしょうかね。読みたいものがいつでも端末で手に入るようになったら、「活字切れ」なんてのは贅沢な悩みになるのかもしれない。


[PR]
by aundo2005 | 2011-05-17 21:58 | Book | Comments(3)

豆の季節ですね

c0018037_14304611.jpg

えんどう豆です。私はキライなので食べませんが。万さんも矢さんも好きだよね。

すーちんさんが、ひとすくいで何グラムか当てられるのはこの豆でしたっけ?


[PR]
by aundo2005 | 2011-05-16 14:30 | Food | Comments(3)