食の旅は続く

いくらイタリアの名産がハムといったって、ここまで大仰に
つるして、切り売りしている店を私は知らない。
c0018037_5414668.jpg


これに惹かれて、渡来すること3回。
時間が早すぎたり、休みだったりで2回は見送り。
やっとありつくことができました。 なんちゃって、この皿は別の店の
なんだけど・・・。 とにかく、毎日ハムはトライしたと思う。
世界一うまいというその触れ込みどおり、期待を裏切らないおいしさ。
もうイタリアのハム、食べられなくなりました。
c0018037_544314.jpg



その他、ソラマメとこのハム、白ねぎを和えた物とか、
c0018037_5452574.jpg


この地域独特の魚介と肉が一緒に入ったパエリャとか、
c0018037_5465674.jpg


食べたものを列記したところで興味の無い人にはなんちゅうこと
無いと思いますが、こちとら食い意地はっとるもんで・・・・。
ひとまず食の旅はこれくらいにして、次回は買い物特集だ!


[PR]
by aundo2005 | 2010-01-19 05:48 | Travel | Comments(2)

ぐりとぐらなだバル祭り

グラナダはご存知のとおりスペインの南部に位置し、
年平均気温はおよそ20℃。 恐ろしく暖かいところです。
ワシの友人はロンドン在住なのだが、ポンチョを買ったものの
極寒の地で着る機会がまったく無く、ここへ来て着られたことを
殊更うれしがる始末。
天気が良く、さらに暖かいというのはことほどさように
人をハッピーにさせるものなのか、と再認識。
さて、街の中心部には一見新地の場末版の様なバルとカフェー
が集まる通りがあり、ホテルの人の紹介のとおり
右も左もバルばかり。

 
c0018037_74778.jpg


おばんざい屋のようにカウンターに並んでいるタパスから、
気に入ったものを「これとこれ」って感じで選びます。
奥: 付出し ハムがパンにのっている
左: ムール貝の酢油漬け (富士日記か?)
右: ジャガイモのアイオリソース
   このアイオリソースがどうも家では出せない味、
   まったく美味しゅうございました。
 
混雑時にはこんな感じで、

c0018037_720235.jpg


それでも乱れる輩なく、適度なトーンの声で楽しそうに話しては
飲んでいる。

c0018037_79526.jpg
 

立ち食い、立飲みが基本。 写真のスペインおばちゃんたちは
結構おしゃれにしている割にはビール片手+コロッケ手づかみ状態。

お値段は非常に安く、飲んで食べても一人20ユーロってとこか。
(かなりどんぶり勘定だけど)

次回投稿に続く。


 
[PR]
by aundo2005 | 2010-01-13 06:57 | Travel | Comments(2)

あるハンブラ宮殿

みなさま2010年、明けましておめでとうございます。
本年も一番乗りの矢です。
本当はグラナダハム祭りから始めたかったのに2009年最後久さんの
投稿に掛けなければという強迫心より世界遺産「アルハンブラ宮殿」
よりはじめさせていただきます。
お知らせしましたとおり、年末帰国せず友人夫婦とスペイン南部
グラナダ等を巡って参りました。 観光はアルハンブラのみ、残り全て
食と買い物に費やした旅でありました。 それは追ってお知らせする
としてアルハンブラです。
予想を上回るすばらしい宮殿、どこが世界遺産やねんという遺産も多い
中、これは間違いなく遺産中の遺産です。 言葉では説明が難しい、
行ってみて頂くほかしようがありません。 イスラム文化のなんと
すばらしく奥深いことか!蛙芸堂社員旅行地、決まりです。
写真はアルハンブラ宮殿のある丘から川を挟んで対岸のアルバイシン
地区(これも「ある」から始まるのう)にあるカフェからの眺めです。
後ろに雪のシェラネヴァダ山脈も見えます。

c0018037_6321286.jpg

[PR]
by aundo2005 | 2010-01-10 06:32 | Travel | Comments(2)