カテゴリ:Travel( 101 )

ドバイ国際空港を出て

ドバイを発って、アラビア半島を北西に飛んでいきます。
機載カメラから見た地上の映像をパーソナルモニタで見ていると、
c0018037_20541671.jpg

砂漠の中に何か丸いものが…
c0018037_20544877.jpg

これはなんだろう。

CAさんをつかまえて「これは何ですか?」と聞いてみたら、
「牧草地ですかね?…ボクはチェコ出身だからよく分かりません」
という正直なお答えが返ってきました。

あとで調べてみたところ、これは乾燥地帯を農地化するための
「回転散水式の灌漑システム」というものだとのこと。
アルファルファや小麦などを育てることができるらしい。

グーグルマップでアラビア半島を徐々に拡大していくと、
たしかにあちこちでこの灌漑システムのつぶつぶを
見つけることができます。
c0018037_2105779.png

小さい丸マルがたくさん集まっているさまは、
ちょっと鳥肌の立つようなムズムズするような感じですが、
c0018037_2113256.png

一個のマルは半径400メートルから1キロにも及ぶ
大きなフィールドなのです。
c0018037_2122188.png

この一つ一つの中で、散水器がくるくる回って作物を育てている。
しかもそれを上空からながめることができるというのは
なんとすごいことでしょうか。

ところで、アラビア半島には川が無いらしいです!
皆さんご存知でしたか。

エミレーツ航空のCAさんたちは
世界各国から集まってきた美男美女ばかりでした。
国際色豊かであるのをアピールする機長もいて、
「チーフパーサーは中国語、韓国語、英語を話します。
XXはロシア語、英語を話します。
XXはドイツ語、ハンガリー語、英語を話します。
XXは…
XXは…。」
と嬉しそうに機内アナウンスしていました。


[PR]
by aundo2005 | 2013-10-23 21:07 | Travel | Comments(1)

ドバイ国際空港にて

c0018037_2245163.jpg

c0018037_224652.jpg

「会員証な」って言われても…。


[PR]
by aundo2005 | 2013-07-09 22:47 | Travel | Comments(0)

南あわじはお洒落だった

泊まったのはこちら、南海荘
ブログの写真も素晴らしい!

お部屋はごく普通の民宿といった風情で、
広々しててのんびりできたー。

c0018037_1294648.jpg

早朝、ベランダからの風景


コースに使われていた器がどれも素敵だったので
翌日、窯元を訪ねてみました。
こちらも、お洒落。(中はカフェ&器ショップ…写真撮り忘れ)

c0018037_12114986.jpg


c0018037_12121424.jpg


欲しい器ありすぎで悩みまくって結局、小鉢だけ購入。

あと瓦工場も見学。
併設ギャラリーでは、タイルとかコースターなどの
グッズが販売されてました。(瓦は水を瞬時に吸収するのでコースター向きなんだそう)
なんか瀬戸内の島々ってどんどんおしゃれになってますねー。

c0018037_12144323.jpg


そういえば、蛙芸堂の初旅行も南あわじでしたな。
またみんなで行きませんか?


[PR]
by aundo2005 | 2013-03-12 12:24 | Travel | Comments(0)

Francoforte

イタリア語でフランコフォルテ、ドイツ語でフランクフルトへ行って参りました。 ドイツの出向者が退職するのをきっかけに出先を閉じるので、そのおっさんと丁度欧州へ長期出張していた若もんが帰国するのがかち合ったので記念に小旅行をしてきました。 実は出張で行ったことは何度もあるのにプライベ-トは初めてでした。 空港も電車もフランクフルトもケルンも通り過ぎる街々も道もとっても清潔で手入れがしてある。 空港が冷戦時代の東欧かと思う暗-い雰囲気で、電車中に落書きがしてあって、街も道もきったないイタリアと同じ経済圏の仲間とは思えません。 大胆な試みだったEUも加盟国間の格差がこのように激しいのでは、そろそろ終焉かと思い欧州中央銀行前で記念撮影。(総裁はイタリア人のDraghi=ドラゴンですが・・・)
c0018037_2126568.jpg

有名なケルンの大聖堂も訪ねてみました。
辛いソ-セ-ジにも白ビ-ルにも大満足。
c0018037_2128866.jpg

最後に怖い怖いと言っていた割には、くるみ割り人形も購入。
総じて楽しい旅でした。
c0018037_21284264.jpg

おまけのフランクフルト駅。
c0018037_2129031.jpg



[PR]
by aundo2005 | 2012-11-05 21:29 | Travel | Comments(2)

金環日食ツアー

今さらですが、一か月以上も前の日食ツアーの写真をアップします。

『さんふらわぁ・きりしま』の大阪南港~鹿児島志布志港の航路中に、金環日食を見てやろうというツアーでしたが、みごと雨にやられて何も見られませんでした。

c0018037_2264734.jpg出発前からどんよりしています。ツアー自体は100人以上の大所帯でしたが、いったい誰が雨男(女)なのだ?


c0018037_2293555.jpg乗船して間もなく、夕食。バイキングはいつも食べ過ぎてしまうものです。


c0018037_22112469.jpg翌朝、早くから起きて待ち構えていましたが、このとおりカッパが必要なほどの雨降り。おとなしく関西地方に居れば少しは日食を見れたのにね。


c0018037_22134980.jpg志布志港に着き、気をとりなおして桜島観光へ。小雨。前日に噴火があったらしく、売店の白ネコが灰かぶり色になっていました。


c0018037_2216396.jpg続いて、内之浦のJAXA見学へ。はやぶさのふるさとも、雨にぬれそぼっていました。


c0018037_22181966.jpgふたたび志布志港に戻り、大阪へと帰路に就きます。天候は大荒れで、太平洋航路をあきらめ瀬戸内航路を行くとのアナウンス。それにしても瀬戸内に入るまでの船の揺れ方がすさまじかった。この写真を撮ったときはまだマシでしたが、しばらくして大惨事に至るとはこのとき想像だにしていなかった…。ビール缶は床に転がる、汁ものはこぼれる、野菜は走る、のオソロシオモシロ体験でした。このあと数時間、船内には青い顔でうずくまる人が続出。ワシは一人で焼酎を飲んでいたけどな。


c0018037_22263254.jpg翌朝、瀬戸内海。きのうの嵐がうそのようです。


しかし、どんなに荒天であろうとも、船の旅はたのしい!のんびりできてうれしい!
豪華客船ではなく、あくまでも庶民のフェリー。
ということで、テツ子ならぬ「船好き女」というジャンルはあるのだろうか。
もしまだ無いなら、ワシが創始者として名乗りをあげるゾ!ネーミングは何がいいだろう(わくわく):

*船ガール
*ふね子さん
*フェリー女子(フェリス女学院じゃないよ)
*フネ女(ふねじょ)

どうぶつブログのイメージを払拭できましたでしょうか。


[PR]
by aundo2005 | 2012-07-02 22:45 | Travel | Comments(3)

Numatic

c0018037_145388.jpg

弊社の製品がめでたくNumatic社のかわいい掃除機、
Henryに採用されました。
記念に一枚。 

なにがかわいいって、デザインもなんだけど、ほとんど
業務用に使われてるから、むっさいおっさんが
Henryで、やる気なさそうに掃除をしているところだよね。
この時も定年間近のおじさまに引っ張られてました。



追伸 そういえばロンドラで久さんも、うれしそうに一緒に
     記念写真を撮ってたよね。
[PR]
by aundo2005 | 2012-03-31 01:46 | Travel | Comments(2)

東北、18きっぷの旅

一か月ほど前のことになりますが、青春18きっぷを使って秋田・山形・宮城・福島を走り抜けてきました。その時の、おもに食べ物とお酒、の写真を。

まず、敦賀から朝10時発の「新日本海フェリー」で秋田へ向けて出航。約20時間の船旅です。

c0018037_1605016.jpg敦賀の港から見える何かの工場。萌え~。


c0018037_1611456.jpg船内のフリーラウンジにて。つまみはチーズと地図。



c0018037_162149.jpg
船室にて。敦賀で買った日本酒とカニみそですっかりできあがってしまった。



c0018037_1622767.jpg夜10時、雨の新潟に寄港。ワシはいぎたなく眠りこけていましたが。


…つづき
[PR]
by aundo2005 | 2012-01-16 17:35 | Travel | Comments(1)

Sicilia -おまけ

c0018037_0381136.jpg

万さんへのおまけ。
市役所のシャンデリア、綺麗だった~。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-27 20:12 | Travel | Comments(3)

Sicilia - 3

結婚式当日となりました。
夏休みとくっつけて長いハネム-ンを楽しむため、この時期の
結婚式が多いわけですが、いかんせんSiciliaは尋常でなく暑い!
てなわけで市役所前に涼しくなった夕方18:00に集合。
18:30からの式に臨みました。

c0018037_2583175.jpg
c0018037_2584431.jpg

カトリックの国ですが最近の若者は教会での式を嫌って市役所で
簡単に済ませる人も多いよう。 今回の新郎新婦も市役所を選びました。
式に要した時間は30分というところか・・。 市長の挨拶、指輪交換、サイン、
以上と、ごくシンプルです。
わしは新郎のおばあちゃんの後について詩を朗読する予定だったので
こんなに前で写真をとることができたのだが、詩自体はおばあちゃんが
緊張してわしの分まで読んでしまったので幸運にもお役ごめんとなり
ゆっくり、じっくり観察することができました。

c0018037_2593625.jpg

その後、披露宴会場へ移動するわけですが、今回は同僚
(新郎のほう)の家で100人以上を呼んで行われるとのことで
「どんだけでかい家やねん」と興味深々で参加いたしました。 
案の定宍戸譲、甲子園球場の一回り小さいくらいの恐ろしく巨大な家に
ブッフェ、バルコニ-での生演奏などの準備が整っており
「Willyっておぼっちゃまだったのねえ」
と感心しきり。 ひとまずお腹がくちくなったと思ったら
「それでは皆さん披露宴の会場に移動ください」とのアナウンス。
「えっブッフェだけちゃうん?」 ほほほ、違いました。

c0018037_304174.jpg

写真ではわかりづらいと思いますが・・・。
50mプ-ルを白いテ-ブルクロスをかけ、バラとキャンドルが満載の
長テ-ブルがぐるりと囲み名前のあるところにそれぞれ座るように
なっている。
特設のステ-ジからさっきまでバルコニーにいた生バンドの
演奏がある。 ブッフェは実は前菜で、席についてからパスタ2皿、
セコンド1皿とダイエット中の少々だが小さくなった胃にはすべてを
詰め込むことは不可能でした・・・。
食事中は例のバンドが演奏を続け、いとこが飛び入り参加し、新郎新婦が
歌って踊る等々余興にも暇がありません。

余興もすんだころまたもや「デザ-ト会場に移動ください」とのアナウンスが・・・。
先ほどの前菜会場がデザ-ト会場に早変わりしており、
Sicilia名物の各種デザ-ト(シチリアはリコッタチ-ズを使った特殊な
デザ-トで有名)、イタリア他地域のデザ-ト、デザ-トワイン、
シャンパン、さらにはジェラ-トとグラニ-タのトラックがおもむろに
庭に進入してきて人だかりとなる・・・と聞いてはいたもののはるかに
想像を超える派手さなのでありました。
c0018037_314856.jpg


ホテルに帰ったのは夜中の3時。 
今後披露宴に呼ばれることがあるとも思えないが、長い、長いイタリアの
披露宴はもう2度とごめんです。


[PR]
by aundo2005 | 2011-07-27 03:01 | Travel | Comments(2)

Sicilia - 2

「Siciliaの電車なんかいつ出発するか分からないし、
いざ出発したとしてもいつ着くかわからんで。 悪いこと言わんから
バスで行き」
「Ragusaの駅ってもう大分前から閉まってたと思うけどなあ」
という大方の意見を無視し、乗ってきましたイタリア国鉄シチリア線。

700m近くまで電車を持ち上げるのにワシらの好きなループ線が
採用されており、これが楽しみの一つだったのじゃよ。
時間がたっぷりあるので上記のご意見は無視したものの、ホテルは
意味も無く早めにCheck Out。 7時半に駅についてみれば
もう入線しとるではないか。 ちゅうかRagusaが始発だったのね・・・。
駅員にネット予約の確認書を見せ、早速乗り込み、
「あ、写真、写真」ということで撮ってみました。

c0018037_4383985.jpg
c0018037_4395169.jpg

巷の予想ははずれ、8時に定時出発。
残念ながら、ループが終わるまで線路の両脇が高い岩壁となっており、
トンネルもあったりなんかして、全くループを確認することができません
でした、残念! (ネットで見てから予想はしてたんだけどね)
それでもこの2両編成の電車に乗ることができて大満足です。

そうして、またもや予想がはずれ遅れも無く、9時50分に目出度くSiracusa駅に
着いたのでありました。
Siracusa駅は大きなターミナル駅で、行き先の掲示板にはなんと!
「Milano Centrale」の大文字が!! が~ん、電車で来れるやんか!
本土までの海峡は電車ごと船に乗るのかなあ、ドーバーみたいに一旦降りるんかなあ
次回は絶対電車で来るぞおと掲示板を見ただけで予想を膨らまし、
どきどきする初心者鉄子でありました。
ちなみにVenezia行きなんてのもあって、ああ、すばらしき哉鉄路の旅と
駅構内でわからぬ人には無駄とも思われる時間を過ごす鉄子でもありました。



 
[PR]
by aundo2005 | 2011-07-26 04:40 | Travel | Comments(0)