ワインの栓が開かない

安物ワインばかり買っているのが、そもそも悲劇の始まりだったのだ。
しかし、安いといってもワンコインではないよ、今回は780円もした。

ビールを飲み終わり、次にワインの栓を開けよう。
コルク栓ではなく、最近よく見かけるゴム製の栓である。
ギリギリギリギリギリ…。

これがまったく開かないのだ。
溶着しているのではないか。栓と瓶がくっついていて、全くぴくりともしない。

愛用のソムリエナイフを何か所もごりごり押し込む。
そして、足の間に挟んで渾身の力で抜こうとする。
汗がふき出してきた。

とつぜん、嗚呼!
あまりの固さにソムリエナイフのちょうつがいが壊れた…。

とりあえず、ビールをもう一缶あけて、
あた、あた、アタマを冷やそう。

ソムリエナイフが撃沈したならば、次なる刺客は、
酒屋さんでもらった安物ワインオープナーだ。
幾度もねじ込み、スパイラルの孔を穿とうとする。
だが、これもダメ。どうしても動かない。
抜き差しならない、とはこのことか。
うぐぐぐぐぐぐ…。

ワインオープナーを差し込んだまま、今度はさらにゴム栓とガラス面の間に、つまようじを何本も投入。
が、どれも途中でボキボキ折れる。
この時点でワシの血圧はかなり上がっている。暑い。

とうとう奥の手。
たこ焼きをひっくり返すための千枚通しを、
ゴム栓とガラス瓶の間に、ごりごりごりごり押し込んでいく。
少しでも空気を入れようと、千枚通しの柄に力をかける。
ギリギリギリギリギリ…。

突如、千枚通しの柄が、ぼっきり折れる。
わーっ!わーっ!わーっ!わーっ!わーっ!
なんじゃこりゃ!!

れれれ、冷静になろう。
ワインオープナーと千枚通しの先とつまようじ数本が突き刺さって、へんな針山のようになった瓶を放置し、ビールを飲み干す。
ずごごごごごごごご…。汗がだらだら。

しばらくしてまた、オープナーをギリギリと抜きににかかる。やっぱりダメ!!

怒り心頭に達するとはこのこと、おもむろにカナヅチを出してきて、
上からゴンゴンたたくという暴挙に出た。
ほんの数回であっけない幕切れ。

ワインの瓶の注ぎ口が斜めに割れた。

気が付けば、左手が血まみれ。大惨事のまき。

いろいろな部品が散らばった台所で、やっと開栓できたワインをグラスに注ぎ、ごくごくとヤケ飲み(ガラス片を飲み込んだかもしれない)。
そして流血の左手をかかえつつ、写真を撮った。

c0018037_20311116.jpg

最近、「スイーツ大好き女子で~す」みたいになっている蛙芸堂ブログに、
『猟奇的な酒好き』の風を吹き込んでみました。
皆さんも、ワインの栓がコルクでないときは気を付けましょう。



c0018037_20342325.jpg
[PR]
by aundo2005 | 2012-05-25 20:47 | Drink | Comments(3)

飲む、打つ、食う。

昼飲みっていいよね~!!



万さんはジムに行ってからここに来たので、
アルコールのまわりが早いようです。
三連休を満喫しております。
現在6時半、まだ明るいのがうれしい。




c0018037_18391359.jpg

[PR]
by aundo2005 | 2010-07-19 18:41 | Drink | Comments(0)

会長ギビス

どーもどーも!
「ギビスの会」の会長に就任いたしました万です。

もうすでに文章を打てる頭ではありません。

いや~日本は祝日なのだよ、はは。

矢さんが帰国するころにはもう飽きてたりして。



万さん(会長)はこの間しゃべったことを忘れてたりするので、
ちょっとヤヴァいかんじです。エヴァじゃないよ。
しかもいま、店内ではアヴァ(ダンシングクイーン)がかかっています。

なんか酔っ払いの文章ですな。

c0018037_1824134.jpg



[PR]
by aundo2005 | 2010-07-19 18:24 | Drink | Comments(2)

快調ギビス

ふたたびアイリッシュパブに来ました。
万さんと久です。

c0018037_188045.jpg


飲んでまーす。明るいうちから飲むって、ステキね。
万さんのモバイルパソコソで、リアルタイムにブログをアップデートだ。
ツイッターじゃないよ。

万&久
[PR]
by aundo2005 | 2010-07-19 18:09 | Drink | Comments(0)

怪鳥ギビス

大変ごぶさたしておりました。
先日、久しぶりにメールしたところ
矢さんから「生きてたんだ~」という有難い返信がありましたが
ようやく生き返ったという感じでしょうか。

最近のお気に入りはこれっすかね。

c0018037_1153837.jpg

ギネス+エビスで「ギビス」だそうです。
混ざらないで分離するのがきれいですね。

仕事も暇になってきたし、早くも夏休みモードです。


[PR]
by aundo2005 | 2010-07-19 11:54 | Drink | Comments(1)

年末に、昔の同僚のIさんと久しぶりに飲んだ。

最近では煙草をほとんどのまなくなったIさんだが、お酒が入るとやはり吸いたくなるらしい。ちょっと買ってこようっと…と立ち上がったものの、煙草一箱を入手して火をつけるまでには予想以上の難関が待ち受けていたのだ。これは、一本に火をつけるまでの、Iさんの奮闘記である。なんちて。

①フツーの居酒屋なのに煙草を置いていない

お店のおねえさんに「タバコおいてますか?」と聞いたところ、「うちには置いてないんですよ。その出口のすぐ横に販売機がありますのでそこで買ってもらえますか?」と言われる。

②自販機で買うにはタスポが要る

Iさんは節煙しているくらいだから、もちろんタスポも持っていない。ここは、誰かが自販機に買いにくるところをつかまえて便乗買いさせてもらうしかない。幸い、ワシらの座っているカウンターからその自販機はちょうど見える位置にあるので、飲みながら自販機を常に監視するという作戦に出た。分かりやすく言うと待ち伏せだ。
チラ見し続けること1時間近く、ようやく、一人のサラリーマンが自販機の前に立つのが見えた!「よし、行け!」とばかりに小走りでアクセスをはかるIさん。ワシは店内のカウンターからその様子を眺めていた。

<ワシが想像するところの音声>
「あの~、すみません」
「(ギョッ)」
「タスポを持ってないので、申し訳ないんですけど、一緒に私の分も買ってもらえないですか?ハイ、小銭」
「あ、いいですよ。銘柄は?(あ~ヘンな人じゃなくてよかった)」

半笑いで一部始終を見ていたワシのもとに無事戻ってきたIさん。「頬がピンクの、男前でした」との感想どおり、ワシから見ていても、ちょっと東京から出張に来ているビジネスマン風の、シャキっとダンディな感じの人でしたよ。彼の薬指に指輪があったのかどうかまではチェックしなかったようだけれど、ここで恋が芽生えても決しておかしくはなかった。

③火をつけるにはマッチかライターか着火マンか、そんなような物が要る

やっと煙草をゲットしたのは良いが、今度は火がない。お店には煙草を置いていないくらいだからマッチも無い。周りを見渡したところ、吸っている人たちもいない!せっかく煙草を買うことができたのに途方に暮れる。火打ち石とか、ないかしら…。普段からぼんやりしているワシの頭は、酔いが回って、さらにどんよりとしているはずなのに、ここで奇跡的にひらめいた。「ハッ。ポーチの中にマッチが入っていたはず…!」ゴソゴソ引っかきまわしてやっと出てきたよれよれのブックマッチには、たった二本だけマッチが残っていました。

大事に火をつけ、うまそうに煙をくゆらすIさんであった。

ことほどさように、煙草の入手には時間がかかるのですね。最近の禁煙ブームのあおりを受けて全ての場所がそうなのか、たまたまこの場所だけがそうだったのか。
いつかアルコールを入手するにもタスポのようなカードが必要になる日が来るのでしょうかね。考えたくない、おそろしい。


[PR]
by aundo2005 | 2009-01-28 21:07 | Drink | Comments(3)

天満はしご酒

かわいい後輩のMネくんが退職したのを記念して、
天満の飲み屋はしご酒をやってきました。
6時半から始めて12時前まで、計4軒。

1軒目:さつま揚げ屋さんにて生ビール1杯と芋焼酎水割り1杯
2軒目:点心屋台にて紹興酒コップ1杯
3軒目:立飲み天ぷら屋さんにて日本酒コップ2杯
4軒目:メヒコ料理屋台にてホットワイン1杯

合計6杯ですが現在のワシの実力では完全に飲みすぎだ。
次の日、頭が痛くならなかったのがもっけの幸いだったものの、
身体からアルコール分が全く抜けず、困った困った。
全ての敗因は、1軒目で飲んだ焼酎がびっくりするくらい濃かったことと、
3軒目で冷酒を文字通り水のようにハイピッチで飲んだことです。
バカだね~。
でも、ディープな天満を堪能できてホントに楽しかった。

矢さん、今度帰国したらみんなで行きましょう。

c0018037_20282091.jpg




これは2軒目の点心屋さん。「パンダビール」なるものがあって(ワシは飲んでいない)大いに面食らう。どこのビールだ?
ワシが飲んでいたのはパンダビールの横のコップ紹興酒。



[PR]
by aundo2005 | 2008-09-27 20:45 | Drink | Comments(1)