香港から広州を経て桂林へ

暑い。とにかく暑い。毎日よく晴れている。
すでに日本でかく一年分の汗をかいてしまった気がする。

つい香港にずるずると4泊5日も滞在してしまった。
先を急ぐ旅でもないのだけれど、のんびりだらだらしすぎるとどうしても
焦燥感(?)を覚えてしまう。ダメだな。

香港の書店には早くも間宮兄弟の翻訳が並んでいてびっくり。
あと、電車男も平積みされていた。

香港をあとに、広州経由で桂林へ向かうことにする。広州で時間つぶしに、
街中を歩いてみる。ペット屋さん通りとでもいうのだろうか、
金魚や水草や小動物を路上で売っている一角があった。
紙袋に入れて売られている子犬。かごの中に重なり合うようにして
入れられている子猫たち。みんなちゃんと飼い主が見付かるのだろうか。
犬や猫を買っていく人たちはいなかったようだけれど、金魚はよく売れていた。

広州駅の待合室には空調がない。数百人の中国人に混じって、
暑さと湿気に耐えながら列車を待つ。ちょっと地獄絵のよう。大げさか。
17:36発の夜行列車に乗り込む。あぁエアコンよ謝謝!
硬臥はきわめて乗り心地良し、快適なりよ。
外を流れる景色はかなり亜熱帯っぽい。水田が広がり、バナナの木が生えており、
ジャングルのような茂みもところどころに見える。まるで欲望の翼だ。
それを眺めているうちに眠くなってくる。
桂林には翌朝6:50に着く。

そうそう、香港でも中国でも、アンディの健在ぶりをあちこちで見かけましたぞ、万さん。


[PR]
Commented by すーちん at 2006-06-27 17:27 x
おー、それでは今度は是非、7月1日開通の青蔵鉄道に乗っていただきたい。北京~ラサまで48時間の旅!チベット高原を走る列車はワシも乗ってみたいなぁ
ちなみに「軟臥」は1262元だそうですぜ
Commented by aundo2005 at 2006-06-28 10:08
欲望の翼、と見て一気に郷愁を感じてしまいました。
行ったことないのにね〜。恐るべし映像力。
今回も、とんでもアンディグッズ期待できるかにゃ。

Commented by aundo2005 at 2006-06-28 18:36 x
青蔵鉄道、さっそく調べてみようっと。うずうず。
ほかの旅行者にことごとく「鉄道は高いでしょう?」と言われるけれど、
列車に乗りたいんだもん!

アンディグッズ、何も買ってません。すんまそん。

Commented by aundo2005 at 2006-06-28 19:01
ええっ、こんなマメにチェックしてたの?
どうせすぐには読まないだろうと思って書いたのでし。
グッズいらないよ!

列車はいいよね〜〜〜。

by aundo2005 | 2006-06-27 14:14 | Travel | Comments(4)