ワインの栓が開かない

安物ワインばかり買っているのが、そもそも悲劇の始まりだったのだ。
しかし、安いといってもワンコインではないよ、今回は780円もした。

ビールを飲み終わり、次にワインの栓を開けよう。
コルク栓ではなく、最近よく見かけるゴム製の栓である。
ギリギリギリギリギリ…。

これがまったく開かないのだ。
溶着しているのではないか。栓と瓶がくっついていて、全くぴくりともしない。

愛用のソムリエナイフを何か所もごりごり押し込む。
そして、足の間に挟んで渾身の力で抜こうとする。
汗がふき出してきた。

とつぜん、嗚呼!
あまりの固さにソムリエナイフのちょうつがいが壊れた…。

とりあえず、ビールをもう一缶あけて、
あた、あた、アタマを冷やそう。

ソムリエナイフが撃沈したならば、次なる刺客は、
酒屋さんでもらった安物ワインオープナーだ。
幾度もねじ込み、スパイラルの孔を穿とうとする。
だが、これもダメ。どうしても動かない。
抜き差しならない、とはこのことか。
うぐぐぐぐぐぐ…。

ワインオープナーを差し込んだまま、今度はさらにゴム栓とガラス面の間に、つまようじを何本も投入。
が、どれも途中でボキボキ折れる。
この時点でワシの血圧はかなり上がっている。暑い。

とうとう奥の手。
たこ焼きをひっくり返すための千枚通しを、
ゴム栓とガラス瓶の間に、ごりごりごりごり押し込んでいく。
少しでも空気を入れようと、千枚通しの柄に力をかける。
ギリギリギリギリギリ…。

突如、千枚通しの柄が、ぼっきり折れる。
わーっ!わーっ!わーっ!わーっ!わーっ!
なんじゃこりゃ!!

れれれ、冷静になろう。
ワインオープナーと千枚通しの先とつまようじ数本が突き刺さって、へんな針山のようになった瓶を放置し、ビールを飲み干す。
ずごごごごごごごご…。汗がだらだら。

しばらくしてまた、オープナーをギリギリと抜きににかかる。やっぱりダメ!!

怒り心頭に達するとはこのこと、おもむろにカナヅチを出してきて、
上からゴンゴンたたくという暴挙に出た。
ほんの数回であっけない幕切れ。

ワインの瓶の注ぎ口が斜めに割れた。

気が付けば、左手が血まみれ。大惨事のまき。

いろいろな部品が散らばった台所で、やっと開栓できたワインをグラスに注ぎ、ごくごくとヤケ飲み(ガラス片を飲み込んだかもしれない)。
そして流血の左手をかかえつつ、写真を撮った。

c0018037_20311116.jpg

最近、「スイーツ大好き女子で~す」みたいになっている蛙芸堂ブログに、
『猟奇的な酒好き』の風を吹き込んでみました。
皆さんも、ワインの栓がコルクでないときは気を付けましょう。



c0018037_20342325.jpg
[PR]
Commented by aundo2005 at 2012-05-26 01:26 x
う-ん、わかる、わかる!
ワシ、栓は抜けたが栓がオ-プナ-から抜けなくなってオ-プナ-ごと捨てたことある! 以来、プラッチックの奴はでえ嫌いです!

Commented by ichigoyama at 2012-06-08 16:15
いつも楽しく拝読しております。
わたしも一度、100円ショップで買ったワインオープナーが
ワインコルクに突き刺さったままボキリと折れたことが・・・
おそるべし安もんワイン!

Commented by aundo2005 at 2012-06-09 19:36
ichigoyamaさん、コメント有難うございます。
いちどでよいから、財布を気にせず高いワインやシャンパンを買ってみたいものです。
また、飲みに行きましょう(←唐突?)。 久
by aundo2005 | 2012-05-25 20:47 | Drink | Comments(3)